ゐのはな会 発足の経緯

 平成6年度の「ゐのはな同窓会」総会に於いて井出源四郎先生が会長に就任され、これを機に渡辺武副会長が千葉県の常任理事、茂又眞祐、伊藤和人、越川衛、香田眞一、森 博志、椎名益男の諸先生と「千葉県ゐのはな会」発足に向けて何度となく検討を重ねられました。

平成7年5月24日発行の「ゐのはな会報」第108号に「千葉県ゐのはな会」発足の提案と題して渡辺先生が千葉県在住の「ゐのはな同窓会」会員に協力を呼びかけられました。

平成7年度「ゐのはな同窓会」総会後、発起人会を開き会則・運営などにつき具体的に討議されました。以後数回にわたる会議に於いて、県下の同窓会の情報収集、大学同窓会の現状、県ブロック単位の「ゐのはな会」、特に昭和43年に発足した「東京ゐのはな会」のご助言を参考に、会則(案)の作成、同窓会員2.000名を超える県下を10ブロックに分け、それぞれに支部長を選任する、名簿の発行などが検討されました。

平成7年12月14日「千葉京成ホテル」に於いて、第1回役員・支部長会議が開かれ、各支部の状況、会則(案)の検討、名簿作成の件、設立総会の運営などについて協議がなされました。

平成8年3月22日「千葉京成ホテル」に於いて役員会が開かれ、会則の検討、役員の会務分担、運営方法並びに運営資金、設立総会式次第及び役割分担などについて協議されました。

平成8年4月11日午後5時30分より千葉京成ホテルに於いて、設立総会が開催されました。役員は、初代会長に渡辺武、副会長に香田眞一、庶務に茂又眞祐・秋葉哲生、事業に大濱博利・神田収茲・若新政史・武者博隆、会計に石橋祝・阿部一憲、監査に国井光智・三枝一雄が任命されました。

以後、今日に至るまで継続的な活動を行っています。